意見を一つに!コンセンサスゲーム【グループワーク】


火曜日の4コマ目は、毎週恒例のグループワークです!(^^)!

本日は「コンセンサスゲーム」に取り組みました。
コンセンサス=合意(意見を合わせる)という意味があります。
社会では会社や組織の中で意見をまとめなければならないという場面が多々あります。

一つの目標に向けて仕事を進めていくにあたって、意見を合わせておくというのはとても重要です。
個人がそれぞれ違う考えでは、まとまりがなく何を目指して進めればよいかわからないという状態になり兼ねません。

しかし、会社と言っても元は性格や考え方の異なる人間同士の集まりであるため、 「意見を合わせる」というのは容易な作業ではないということが想像出来るかと思います。

そこで、今回はゲームを通して自身の意見を出し、それをグループのメンバーと話し合って グループの意見として一つの意見にまとめるというワークに取り組みました。



このワークでのポイントは以下の通り。

・相手の意見を否定せず、理解して受け入れる
・自分と異なる意見であった場合も、お互いに歩み寄る姿勢を持つ
・意見が対立した時は第三者の意見を聞く
・必ずしも自分の意見が通るとは限らないということを知る
・多数決は使わずに話し合い、チームのメンバー全員が納得したうえで一つの答えを導く



今回のゲームは「湿地帯」に飛行機が不時着したという状況設定で、
12の品物を生き残るために重要と思われるものから優先順位をつけるという課題です。



まずは個人で順位を考える時間をとり、その後にそれぞれが考えた順位を発表してチームの意見にまとめる作業に取り組みました。 ここでは個人で考える際になんとなく順番を決めるのではなく、きちんと意味をもたせた順位付けを行う事が重要です。
「なんとなくこの順番にしました」という意見では、相手を納得させる事は出来ません。
意見を述べる時には、「自分がどのように考えて、なぜその順位をつけるに至ったか」という根拠を合わせて説明するようにしてみましょう!


ゲーム感覚で楽しい要素を取り入れながら、相手との意見の合わせ方を学べるので良いですね(*^^)v