視覚から得た情報を言語化しよう!情報伝達ゲーム【グループワーク】


火曜日の4コマ目は、毎週恒例のグループワークです!(^^)!

本日は「情報伝達ゲーム」として、リーダーだけがある絵を見て、見たものを他のメンバーに口頭で伝えて書いてもらうというワークに取り組みました。最終的にはグループの全員がリーダー役を経験します。

今回のルールは以下の通り。
・絵を見てグループのメンバーに伝える役の人は、伝える時には目を瞑って言葉だけで伝えることを意識する
・グループのメンバーはリーダーに質問してもOK
以前にも何度か実施したことがありますが、今回は少し絵柄の難易度を上げて挑戦しました。

「自分の目で見た情報を口頭で伝える」というのは、実際にやってみると思っているよりもかなり難しいことが分かります。 仕事においても、自分の頭の中で考えていることを他者に伝える際には「伝える力」が重要です。

今回のワークの目的は、メンバーに絵を見本の通り書いてもらうということではなく、 「どうすれば自分の説明が相手に伝わりやすいかを考えて伝える」という練習です!
言葉で伝えることの難しさと、説明する方法を工夫することの大切さを学んでいただければと思い、
このワークを実施しました!



チームのメンバーは、リーダーに質問をしてもOKというルールであるため、「聞く力」を鍛える訓練にもなります。

聞いた情報に加え、必要な情報を引き出すためにはどのような質問をすればよいかを考える機会にもなり、「伝える方」「聞く方」の双方のコミュニケーション能力が求められます(^o^)丿

伝える時のポイントとしては、「絵を見ていない人はどのような情報を求めているか?何を知りたいと思うだろうか?」といったように、相手の視点に立って考えることが重要です。
合わせて、今回は制限時間があるワークであったため、伝える順番も重要ではないかと思います。

初めから細かい部分だけにこだわって伝えようとすると、完成系が見えづらくなってしまうことが考えられるため、まずは全体像を伝え、それから詳細を詰めていくのがおすすめです♪

リーダー役の人からは自分の伝えた情報を元にメンバーが書いた絵を見て、「うわぁ…そうなるか(笑)」「別の表現を使って伝えればよかった。」「具体例を出せばよかった~!リベンジしたい!」といった感想が聞かれました。

ゲーム感覚で楽しみながら、自分の「伝える力」や「聞く力」を試すことが出来るとても楽しいワークでした◎