採用担当者の視点【ビジネス講座】

採用担当者の視点

金曜日の4コマ目は毎週恒例の講座の日!(^^) 本日はビジネス講座として「採用担当者の視点」についてをテーマに取り上げて講座を行 いました。

採用担当者は限られた時間の中で多くの就活生を見極める必要があります。少しでも自身 の企業に合う人材を取り入れるために様々な考えをもって準備を行っています。 今回は「採用担当者の視点(気持ち)を想像し、どのように就職活動に取り組めば良いかを考える」ことを目的として大きく4つのポイントに分けて考えてみました。


採用担当者の視点2

① 採用担当者の1日のスケジュールはどんな感じなのか?
・そもそも採用担当者にはどんな仕事があるのか?

② 採用活動の準備
・採用活動を行うためにまずどんなことを考えて準備するのか?

③ 書類選考
・採用担当者は1ヶ月で何通の履歴書を見るのか?

・どんな履歴書なら会ってみたいか?
・逆にどんな履歴書なら印象が悪くなるのか

④ 面接
・面接に挑む前に採用担当者は何を考えているのか?

このように採用担当者の視点から考えることで、自分が選考を受ける際に気を付けるべき点や改善すべき点が見えてきます。 その基準を知ることで、選考書類や面接の通過率向上につなげることができるのではないかと思います。

どんな人を採用したいかという点でまとめると、大きなポイントとしては『安心できる人』 を採用したいというところです。具体的には、下記の項目等があげられます。

  • 清潔感があるか
  • 適切に質問に答えられるか
  • ストレス耐性はあるか
  • 体調管理はしっかりできているか
  • 障害受容はできているか

他にも企業によっての採用基準があると思いますが、このようなことを踏まえて企業が採 用したい人物像と今の自分とを客観的に比べてみるといいかもしれません。