ビジネスマナーの基本を学ぼう!名刺交換♪【ビジネス講座】

名刺交換

金曜日の4コマ目は毎週恒例の講座の日!(^^)!

今回のテーマは、ビジネス講座「名刺交換」です。
ビジネスマナーの1つである名刺交換の正しい方法を学び、実践することに取り組みました。

名刺交換は、自己紹介と連絡先の交換のためにします。
接遇マナーは、以下の5点です。
➀表情
➁態度
➂言葉遣い
➃身だしなみ
➄挨拶

名刺交換をするということは、名刺入れが必要になります。
名刺は、ポケットやカバン・財布などに裸のまま入れないようにしましょう!
名刺入れを選ぶ際は、以下の5点に気を付けましょう。

素材は革でできたもの
→100均で購入したプラスチックやアルミでできた素材は避けましょう。品格を感じさせる上質な素材を選びましょう。

マチが薄めのスマートタイプ
→自分の名刺を入れるポケットと相手から貰った名刺を入れるポケットがあるものが良いでしょう。
色はダーク系
→ブラックやダークブラウンがお勧めです。

ハイブランドのもの
→あまりにも高い名刺入れを持っていると、近寄りがたい…と思われてしまう可能性があります。

また、名刺は切らさない、忘れないことが大事です。
社会人の最低限のマナーとして、名刺入れは常に持ち歩き、名刺は20~30枚持参するようにしましょう。

●名刺を渡すときのポイント
持ち方
→名刺は、基本両手で持ちます。自分の名前が相手の方に向くようにし、名前や会社名に指がかからないように名刺の端を持ちましょう。

渡す順番
→基本は目下から目上の順番で差し出します。

立って、相手との間に隔てるものがない状態で渡す
→基本的に名刺交換は立った状態で行いましょう。テーブル越しに渡すのは失礼にあたります。

自己紹介と同時に渡す
→「株式会社〇〇 営業部の〇〇と申します。」と社名と名前を名乗り、軽くお辞儀をしましょう。

●名刺を受け取る時のポイント
一言添える
→無言で受け取るのではなく、相手から名刺を差し出されたら、「頂戴いたします」「〇〇様ですね。宜しくお願い致します」と一言添えると良いでしょう。

両手で受け取る
→渡すときと同様、会社のロゴや名前に自分の指がかからないようにしましょう。

相手の名刺を胸の高さより下に降ろさない

すぐにしまったり、机の上に置かない
→名刺を受け取ったら、自分から見て左上に名刺入れを置き、その上に受け取った名刺を置きましょう。また、会議が終わるまで周囲の様子を見て同じタイミングでしまうようにしましょう。

就労移行支援事業所リンクスの名刺交換講座

今回は、実践形式をメインに行ったので、参加された方から「名刺交換って奥が深いですね」「緊張して頭が真っ白になってどう渡したのかも覚えていません」との声がありました。
名刺交換は沢山経験することで慣れて、スムーズに出来るようになります(*^-^*)
これからもタメになるビジネス講座をお伝えしていきます!

見学の問い合わせ、いつでもお待ちしております^^