不安を解消!電話対応~実践編~【ビジネス講座】

就労移行支援事業所リンクスの電話応対講座

金曜日の4コマ目は、毎週恒例のビジネス講座です!(^^)!

本日はビジネス講座として、電話対応を行いました。


電話対応は「いつ」「誰から」「どのような用件でかかってくるか」という予測が難しいため、上手く対応できるか不安に感じる人も多いのではないでしょうか。

現在、社会人として働いている人でも、電話対応が得意という人はそんなに多くはないかと思います。
相手の声がキチンと聞き取れなかったり、緊張して慌ててしまったりして、電話対応がスムーズにできなかった経験を誰もが一度はしたことがあるのではないでしょうか。
電話対応が上手く出来なかった経験が、そのまま苦手意識とならないために、基本的な電話のかけ方・受け方を少しでも多く経験しておくことが大切です!

上記のことを踏まえて、今回の電話対応講座では、以下の2点を目的として実践的に取り組みました。
【目的】
・正しい敬語を使い、電話対応に慣れる。
・基本のやり取りを覚えて、苦手意識を克服する。

今回の講座では、Skype(スカイプ)というインターネット電話サービスを使用しました。
電話をかける側、電話を受ける側とで部屋を分け、より本番に近い環境を作りました。

就労移行支援事業所リンクスの電話応対講座

『同じ職場の上司と部下が、営業先・担当者の確認等の連絡のやり取りをする』という、実際に仕事でよくあるシチュエーションを設定し、参加者それぞれが、電話をかける側、受ける側を体験しました。

一回の電話対応終了ごとに良かった点、改善点等、感想を話し合い、次の実践に役立てるようにしました。

緊張しつつも皆、真剣に電話対応し、取り次ぐ内容を聞き逃さないようにメモしたり、確認の復唱を丁寧に行っている姿が印象的でした!(^^)!
終了後は「電話対応を経験できる貴重な練習になりました!」「今後も定期的に電話対応の実践講座を行ってほしい!」等、たくさんの感想をいただきました。

新人研修の課程において、電話対応を必須にしている企業は非常に多いです。
それほど重要視されている理由は、社員の電話対応によって、会社の印象が大きく左右されてしまうからです。

電話対応の練習はひとりではなかなか難しいので、今回の講座のような実践的な訓練ができるといいですよね!
興味がわいた方は、どのような感じで電話対応の訓練をしているのか、ぜひ一度見学にお越しください(^_-)-☆