就労定着支援とは

平成30年4月に新たに創設された、障害者総合支援法に基づく障害福祉サービスです。一般企業に就職した後、生活環境の変化で体調が不安定になったり、仕事上の悩みはあるが相談しづらくて困っているなど様々な課題が生じてきます。
就労定着支援事業所リンクスは、そのような課題の解決に向けて企業や医療機関などの関係機関と連携をとり、安心して長く働けるようにサポートいたします。

障害者雇用における職場定着支援
  • 障害や症状について相談できる人が職場にいない
  • 配慮してほしいことがあるが直接相談できずにいる
  • 仕事でミスが多く困っている
  • 上司や同僚と上手くコミュニケーションがとれない
  • 今の仕事内容が自分に合っていないと感じる
  • 生活リズムが崩れ、遅刻や欠勤が増えている
  • 金銭面の管理などで不安がある 等

上記でお困りの場合は、
お気軽にご相談ください!

利用対象

障害をお持ちの方で、就労移行支援・就労継続支援・自立訓練・生活介護の利用を経て一般就労し、就労に伴う環境変化により生活面の課題などが生じている方

利用期間

1年ごとの更新で、最長3年間サービスを受けることが可能です。
なお、就職後6ヶ月間はそれまで利用していた就労移行支援事業所などによる職場定着支援が実施されるため、就労定着支援事業所の利用開始はその後(7ヶ月目)からになります。

利用料金

就労移行支援事業所などと同様に、厚生労働省が定める障害福祉サービスのサービス提供費に応じ、その1割が自己負担となります。
前年度の収入によって負担額は異なりますので、詳しくはお住まいの自治体にお問い合わせください。

よくある質問

別の事業所から就職しましたが、リンクスの定着支援を受けられますか?
就労移行支援事業所リンクスを利用していなくても、就労定着支援からリンクスを利用することができます。
3年間の利用期間が終わった後はどうなりますか?
利用期間終了後は、障害者就業・生活支援センターなどの支援機関と連携し、サポートを引き継いでいきます。
途中で転職した場合はどうなりますか
サービス利用中の転職が初めてで、退職してから1ヶ月以内に再就職すれば就労定着支援を継続利用できます。