電話応対【ビジネス講座】

月曜の4コマ目に、ビジネス講座【電話応対】を行いました。
今回はインターネット電話を利用し、片手に受話器を持ちながらメモを取る実践です!

電話応対のコツ

電話応対の実践を始める前に、メモの取り方について改めて確認をしました。
メモを取る際に意識すること
・カタカナで書く
・自分にわかる省略語を活用する
例:電話→TEL、株式会社→株、折返し電話→折TEL

電話応対の際に必ず確認をすること
・いつ電話がかかってきたか(電話を受けた日時)
・誰が電話をかけてきたか(先方の会社名、部署名、氏名)
・用件
・先方の対応(折り返す、先方から◯時くらいに電話がくる、用件をメールで送っている等)
・先方の連絡先(折返しが必要な場合)

就労移行支援事業所リンクス柏のビジネス講座

電話応対は、丁寧な言葉遣いを意識することも大切です。
緊張して上手く話せなかった…と言う事もあると思いますが、確認すべき最低限の内容はメモに残せるようにしましょう。
また、簡単な内容でも自分の仕事に戻った途端に忘れてしまう可能性がありますので、メモは必須です!

今回、インターネット電話を利用して行った練習では、相手の声が聞こえづらく名前や会社名が上手く聞き取れない事もありました。
その時には「申し訳ありません。もう一度お名前をお伺いして宜しいでしょうか?」と再度確認し、間違いがないよう心掛けてもらいました。

相手の顔が見えない電話でのやり取りに緊張した様子もありましたが、皆さん丁寧な話し方を意識されていました!
電話で聞き取った内容を、伝言用のメモに残す事も出来ていました(*^^*)

リンクスでは定期的に講座、グループワークを行っています。
興味のある方は体験で講座やグループワークへの参加も出来ますので、お気軽にご連絡下さい☆