息抜きの方法

息抜きの方法

仕事や勉強などの作業を長時間行うと、疲れが溜まっていくのがわかりますよね。 そのまま続けたとしても集中力が下がるため作業の効率が悪くなってしまいます。

人間の集中力の持続時間は最長約 90 分と言われています。その中でも 15 分毎に波があり、 その波を境に徐々に集中力が低下していくとされています。 そのため、適度に息抜きをして気分をリフレッシュさせることが必要です。

息抜きの大切さはわかっているが、せっかくの休憩時間を無駄に過ごしてしまって作業効 率が上がらないという人は多いようです。 息抜きの仕方は人によってさまざまですが、今回は効率の良い息抜きの方法をいくつか紹 介します。

仮眠をとる

可能であれば、15 分〜30 分程度の仮眠をするのがよいでしょう。

ただし、30 分以上の仮眠をとってしまうと身体が睡眠状態に入って逆効果になるので、ア ラームを掛かけるようにしましょう。

おやつを食べる

甘いものを食べることによって集中力が高まると言われていますが、これはブドウ糖を摂 取することによって血糖値が上昇し脳が活性化するためです。

仕事中などの場合は音を立てずに軽く食べられるグミやチョコレートなどがおすすめです。 集中力が切れた際には口に含んでみてください。

しかし、食べ過ぎると睡眠欲が出てかえって作業に影響がでますので食べ過ぎには注意し ましょう。

コーヒーを飲む

コーヒーはカフェイン効果で眠気を覚ますこともできます。 コーヒーを買いに行ったり、給湯室等に淹れに行くことで一旦自分の席から離れるという こともあり息抜きになります。

更には飲むだけでなく、香りを嗅ぐだけでも脳内の血流を促進して活性化させる役割があ るとされています。認知症やパーキンソン病の予防にも効果的なんだそうです。

息抜きの方法

目を休める

長時間のパソコン作業などは目を疲れさせます。特に目の疲れは頭痛や肩こりなどの症状 も引き起こすので適度な休憩が必要です。 その場合、窓の外を少し眺めるだけでもリフレッシュすることができます。

また、目薬を注したり、蒸気アイマスクなどをして 10 分くらいボーッとすると疲れを癒し てくれるだけでなく気分もリフレッシュされます。

ストレッチをする

長時間椅子に座ったり同じ姿勢でいると血行が悪くなります。 足首を回す、目を軽く瞑って首を回したり手を伸ばしたりなど、どのようなものでもいい ので軽くストレッチするだけで身体も軽くなり頭もスッキリします。

その際、周りに作業をしている方がいる場合はその方に迷惑が掛からない程度でストレッ チを行いましょう。