質問の仕方を学ぼう!【ビジネス講座】

相手に伝わりやすい質問の仕方

就労移行支援事業所リンクス柏では、月曜日の4コマ目に講座やグループワークを行っています!(^^)
本日のビジネス講座は「質問の仕方」です!

仕事において質問をするということは非常に重要な役割を果たします。
特に新しい環境においては覚えることも多く、仕事への取り組み方や疑問点を質問して解消することも重要な仕事の1つと言えます。

今回の講座は「メモの取り方」や「報連相」など今まで学習した講座内容も含まれる内容となっています。
そのため、前半は質問の仕方のポイントを簡単にお話しし、後半は今まで学習したものを活かすことを目的として実践を行いました。

就労移行支援事業所リンクス柏のビジネス講座

実践では下記のように行いました。

①二人組になり質問する側と質問をされる側に分かれ、それぞれに環境設定が書かれた紙を配布。

②質問する側は文章を読んで「この場合、どのように質問したらよいか?」を考えてもらい、自分の言葉で相手に質問をする。

③質問される側は相手の質問を聞き取りながらメモを取り、何についての質問だったのかを相手に伝え質問内容を確認する。

クッション言葉を入れているか、きちんと伝えなければならない内容を伝えているか、相手が理解しやすい言葉で簡潔に話しているか等に気を付けて取り組んでもらいました。

自分の言葉で伝えることが苦手な方や、相手の話を聞きながらメモを取ることが苦手な方、それぞれ悩みながらしっかりと考え取り組めるワークだったと思います(^^)/

わからないことを聞くのは大切ですが、ただ単に「わからない」というだけでなく「何が聞きたいのか」「どのようにすれば相手に伝わるのか」をきちんと考えてから質問をする必要があります。

質問のコツがつかめてくると自分の求めている情報が素早く明確に得られるようになり、仕事効率の向上にも繋がりますね!

リンクスでは定期的に講座、グループワークを行っております。
興味のある方は体験で講座やグループワークへの参加も出来ますので、お気軽にご連絡下さい(*^^*)