クロスワードパズル【教養講座】

木曜日の4コマ目に【クロスワードパズル】を行いました(^^)/

クロスワード

講座の目的は下記の2点で行いました。
・脳トレ、集中力を養う
情報検索の方法を考える

今回、クロスワードパズルを解いていく中で、分からないキーワードはインターネットを活用して調べてOKと言うルールにしました。
情報を取得する手段は多数ありますが、気になることや調べたいことはインターネットで検索する事が一般的になっています。
インターネット上の膨大な情報のなかから自分がほしい情報にたどり着くための「検索方法」を問題を解きながら考えていきました。

就労移行支援事業所リンクス柏の教養講座
~クロスワードをすすめていくための検索方法~
➀分からないことは“そのまま”検索
➁ディスクリプション(説明文)を活用
※ディスクリプションとは、検索結果表示時に表れる説明文のことです。

例えば…
「梅雨」の読み方は?
の答えがわからなかった場合、検索方法として
梅(うめ) 雨(あめ) 読み方
と検索をすると、
梅雨(つゆ、ばいう、英: East Asian rainy season)
と、答えに繋がる情報が出てきます。

不明点や気になったことを検索する事で、自分が知りたい情報や正しい情報を見分ける力も養われていきます。
検索力を上げる事は、仕事でもプライベートでも役に立つことが多いので、インターネットを活用した検索を日頃から活用していくといいですね(^^)

リンクスでは定期的に講座やグループワークを行っています。
興味のある方はお気軽にお問い合わせください♪