自己PRの作り方【ビジネス講座】

就労移行支援事業所リンクス柏でビジネス講座「自己PRの作り方」を行いました♪

自己PRの作り方

就職活動をするにあたり面接は避けられない通り道です。
面接で「自己PRをお願いします」と言われることが多々あります。
また企業は内定者を決めるうえで自己PRの内容を重要視する場合が多いです。

▼自己PRの必要性
企業側は、自己PRを聞くことで応募者一人ひとりの特徴を知り、会社に適した人材を探しています。
その為、仕事に活かせる自身の強みを企業に分かりやすく伝える必要があります。

就労移行支援リンクス柏のビジネス講座

自己PRを作成する3ステップ!
自己PRを書くにあたってアピールする軸を決める必要があります。
軸が決まっていないと、エピソードなどを複数入れてしまうことで長文になったり、まとまりのない文章になってしまいます。何を伝えたいのか、何を伝えるべきなのかを明確にするために、下記の方法を参考に自己PRの内容を考えましょう。

①過去の経験を書き出す
過去の出来事を書き出し、真剣に取り組んだことや頑張ったことを挙げていきます。なぜ取り組んだのか、どのように頑張って成果を出したのかなど経験を掘り出すことで、自分の良さが見えてきます。

②経験から共通点や共通するキーワードを探す
人はそれぞれ自分の行動パターンや考え方の共通点があります。自分の経験を書き出していくと、行動や考え方において何かしらの共通点が見つかり、自身の強みが見えてくるはずです。

③自己PRを文章を作成する
(①②で)書き出した内容を踏まえ文章を作成しましょう。

文章を組み立てる3ステップ
最も自信のあるアピールポイントとエピソードを選んだら、3ステップで文章を作成しましょう。
①結論(アピールするポイント)を最初に伝える
→アピールポイントの選定

②裏付けとなるエピソードを具体的に伝える
→過去の実績から説得力のありそうな話題をピックアップ

③最後に仕事で生かせる能力をアピールする
→仕事の現場で活かせそうだと思ってもらう

自己PRを作るには自己分析をすることも大切です。
上記のポイントや流れを参考に自己PR作成のコツを掴みましょう!

リンクスでは定期的にビジネス講座やグループワークを開催しています。
興味のある方はお気軽にお問い合わせください!