JAXAのコミュニケーション力向上プログラムに取り組もう【グループワーク】

就労移行支援リンクス柏にてグループワーク【JAXAのコミュニケーション力向上プログラムに取り組もう】を行いました。今回の講座では、相手に言葉だけで伝えて同じ図形を再現させる、という体験を通してコミュニケーション力を鍛えることの大切さについて学んでもらいました。

ルール説明

  • 3人1組になり、管制官、宇宙飛行士、観察者で役割分担をする
  • 管制官が図形の指示をし、宇宙飛行士がその図形をつくる
  • 観察者は、タイムキーパーの役割と、管制官と宇宙飛行士のやりとりを観察しフィードバック行う
出典:(https://edu.jaxa.jp/materialDB/contents/material/pdf/79253.pdf)

伝える力を養う

1つの言葉を短く簡潔に伝えたり、11個のパズルの中から使用する図形を先に相手へ伝えたりと、参加者のみなさんは相手に分かりやすく伝える方法を工夫していました。例えば「かまぼこみたいな形」と誰が聞いても分かるような具体的な言葉で伝えると相手にも伝わりやすいですよね!

参加したみなさんからは「他の人が使っていた方法がとても分かりやすかったのでマネしようと思った」「具体的に指示を出す難しさを知った」などの感想を聞くことができました。実際に取り組むことで相手に伝えることの難しさを実感した様子でした。今後もコミュニケーション力向上のために役に立つグループワークを提案したいと思いますのでぜひご参加ください!

リンクスでは定期的に講座、グループワークを行っております。興味のある方は体験で講座やグループワークへの参加もできますので、お気軽にご連絡ください。