こんなときどうする?電話応対【ビジネス講座】

電話応対の流れ

本日のビジネス講座は「電話応対」です!

電話応対では常に相手がマニュアル通りに話してくれるとは限りません。

突然困った電話がかかってくると、どうしていいのかわからずパニックになってしまうこともあります。

そこで今回は「イレギュラーな場面での応対方法を学ぶ」ことを目的として講座を行ないました!

就労移行支援事業所リンクス松戸のビジネス講座

今回取り上げたイレギュラーな場面は以下の7つです。

①電話に出るのが遅れてしまった場合
②担当者が外出中で不在の場合
③担当者が不在だが、電話相手が急いでいる場合
④内容が聞き取れなかった場合
⑤相手が名乗らなかった場合
⑥電話番号を聞き忘れた場合
⑦電話相手の用件が自分ではわからない場合

上記の場面に対して、どのように応対すればいいのかワーク形式で考えながら取り組んでもらいました。

参加した利用者さんからも「この場合はどうしたらいいですか?」と積極的に質問が出ており、充実した講座になりました(^-^)/

イレギュラーな電話がかかってきたときは慌てずに落ち着いて対処することが大切です。
本当に困ったときは一人で抱えず、上司に相談しましょう。

今日行った講座のようにイレギュラーな場面を想定しておくと焦らずに済みますね!

リンクスでは定期的に講座、グループワークを行っております。
興味のある方は体験で講座やグループワークへの参加も出来ますので、お気軽にご連絡下さい(*^^*)