ビジネス講座「求人票の見方」♪

金曜日の4コマ目は毎週恒例の講座の日!(^^)!

求人票の見方

今回のビジネス講座は「求人票の見方」です♪

「求人票のどこを重点的に見て良いのかわからない」という意見が多数ありましたので講座を行いました。

求人票に記載されている項目の概要をよく理解し、知識を高めていきましょう(^^♪


【求人事業所】
事業所名が記載されています。
自分が応募する企業なので会社名は勿論、どのような企業なのかを調べましょう。

【仕事内容】
自分の求めている業務なのかを把握できます。
どのような業務内容なのかをイメージすることも大切です。

【雇用形態】
とても重要な項目です!
正社員/パート勤務/契約社員のいずれかが記載されています。
また、正社員登用ありと記載している求人票もあります。
正社員登用とはパートや契約社員で働いていた方が正社員へ転換する制度のことです。

【雇用期間】
契約社員・パート勤務の求人票に記載されています。
雇用契約が継続する期間、つまりその会社で働ける期間のことです。
更新の手続きを行って当初の期間以降も継続して就業する場合もあります。

【就業場所】
働く場所のことを指します。

【学歴】
企業が必要としている学歴が記載されています。

【経験等必要なスキル】
必要な経験・知識・技能等が記載されています。

【試用期間】
採用後に実際の勤務を通して従業員の適性などを評価し、本採用するか否かを判断するために企業が設ける期間のことを言います。
期間の長さについては労働基準法などで明確な定めはありませんが、1〜6か月が一般的で最長1年が限度と解釈されています。
試用期間ありと記載されていた場合、期間はどのくらいなのかを把握しておきましょう。

【賃金・手当】
月に貰えるお給料が記載されています。
手当とは、給与において基本の給料のほかに諸費用として支払われる賃金です。

【通勤手当】
通勤する際にかかる1ヶ月分の費用が支給されるか記載されています。
支給されない企業もありますのでよく注意して見ておきましょう。
支給される場合、以下のように記載されています。

実費支給(上限あり)…文字通りに上限があり、いくらかかっても上限までしか支給されない。
上限以下の場合はかかった金額が支給される。

実費支給…実際にかかった金額。基本的に立て替え払いをし、あとから精算する。

【昇給】
お給料が上がるのか上がらないのか記載されています。

【賞与】
ボーナスが有るか無いかが記載されています。
有る場合は年に何回ボーナスが貰えるのか記載されています。

求人票の調べ方

参加者から積極的に質問があり、とても素晴らしい講座でした!
「求人票のどこを重点的に見ているのか人それぞれ違うと思いますが、講座を受けたことでここも重点的に見た方が良いなと思えました。」との声が挙がりました。

リンクスでは、就職に活かせるビジネス講座を定期的に行っております。
見学のお問い合わせ、お待ちしております!