伝言ゲームで伝える力を身につけよう!【グループワーク】

伝言ゲーム

火曜日の4コマ目にグループワーク「伝言ゲーム」を行いました!

ビジネスシーンや日常のなにげない会話の中で、
「相手にうまく話が伝わらない‥」
「話の途中で何を伝えたかったのか分からなくなってしまう‥」といった経験がありませんか?

質の高いコミュニケーションには「読み取る力」も大切ですが、
「相手に伝わりやすい話し方」も重要なスキルの一つといえます!
今回は伝わりやすく言語化することを意識しながら、ワークに取り組みました。

就労移行支援事業所リンクス柏のグループワーク

目的は以下の2点です。
・自分の考えを伝わりやすく言語化する能力の向上
・コミュニケーション能力の向上

また今回の「伝言ゲーム」のルールは以下の通りです。
1.伝言役を1人決めて、他のメンバーに見えないように解答の絵を見る。
2.伝言役はジェスチャーせずに、見た絵の情報を他のメンバーに口頭で伝える。
3.伝言役から聞いた情報を頼りに絵を描く。質問は何回でも伝言役にできる。
4.全員で解答の絵を見て確認する。

目で見た情報を正確に「言語化する力」と、相手に「伝える力」が重要になるゲームです。


参加者からは「前回より上手く伝えられた。」や「みんなが知っているキャラクターを例に出して伝えたら上手くいきました。」といった感想がありました。

重要なのは「相手に伝えたか」ではなく「相手にしっかり伝わったか」が円滑なコミュニケーションの鍵といえます。
また円滑なコミュニケーションの先には、業務の生産性や職場の雰囲気にも良い影響が生まれます。
PCスキルやビジネスマナーを学ぶことは大切ですが、多くの仕事は自分一人でやるものではありません。
コミュニケーション能力を伸ばすことも、就職した際の必須能力です。


リンクスでは定期的に講座やグループワークをおこなっています!
興味のある方はお気軽にお問い合わせください。