ストレスコントロール【ビジネス講座】

木曜日の4コマ目は、毎週恒例のグループワークです。リンクス柏では毎週月曜日と木曜日にビジネス講座やグループワークを開催しています。

今回は講座「ストレスコントロール」を通してみなさんにストレスとの向き合い方について考えてもらいました。

ストレスの原因は人間関係から騒音、悪臭、ウイルスや花粉といった環境要因までさまざまな種類があります。しかし、それらは必ずしも取り除けるものではありませんので、どのように対処していくかが重要です。

ストレスコントロール
ストレスコントロール方法
  • アサーティブ → 相手を尊重しながら自己主張を率直に行う
  • リフレーミング → 受け止め方を変える
  • 呼吸法セルフコントロール → 副交感神経を優位にし、心を落ち着かせる

例えば職場の上司が急な仕事を頼んできたとして、あなたが多くの仕事を抱えていた場合。

  1. 「はい・・・わかりました。(本当は断りたいのに)」
  2. 「今、忙しいのでできません。」
  3. 「今は〇〇を行っていて時間を取れません。この仕事が終わり次第取り掛かれますが、それでもよろしいでしょうか?」

と3.のように自分の状況を説明して代替案を述べることがアサーティブな方法です。こうすることで、上司も急ぎの場合は他の人に頼み、遅くなってでもあなたに頼みたければ待ってくれます。

就労移行支援事業所リンクス柏のストレスコントロール

講座に参加したみなさんから「早速実践してみます。」「聞いたことのない方法があったので調べてみようと思いました。」などの声がありました。

ストレスのコントロール方法は、休養をとったり、お酒を飲んだり、スポーツをするなどのいわゆるストレス解消法だけではありません。

受け止め方を変えたり、生きがいを持ったり、人に支えてもらったりなど、さまざまな方法があります。これらの方法を組み合わせることで、どんなに大きなストレスでも自分の耐えうる限界内にコントロールできるようになります。

日頃からストレスを上手に受け止める訓練をして、ひとつの方法だけでなく、いくつかのコントロール方法を身につけることができるといいですね(^O^)/

リンクスでは定期的に講座、グループワークを行っております。
興味のある方は体験で講座やグループワークへの参加もできますので、お気軽にご連絡ください。