封筒・ハガキの書き方【ビジネス講座】

月曜日の4コマ目に、ビジネス講座【封筒・ハガキの書き方】を行いました(^^)/

封筒ハガキの書き方

メールでのやり取りが一般化したものの、ビジネスでは書面でのやり取りも行われています。
重要な書類ほど封書で送る傾向が強く、封筒の書き方もビジネススキルとして必須の知識と言えます。
また、取引各社へのお知らせやお世話になった方へのお礼状など、ビジネスの様々なシーンで活用されているのがハガキです。
今回の講座では、封筒・ハガキの書き方の基本ルール・マナーを身につける事を目的とし、書き方を確認した後に実際に封筒の宛名を書いてもらいました。

就労移行支援事業所リンクス柏のビジネス講座

ビジネスの手紙は、縦書き?横書き?
企業へ送る書類の宛名は、縦書きのイメージが強いのではないでしょうか。
現在、ビジネス上のやり取りをする際の宛名は縦書き・横書きと両方が使われています。

就活での封筒の宛名書きは、日本語の文字が美しく見え、礼儀正しい印象を与える縦書きで書くことが多いですが、横書きでも問題ありません。

注意すべきは、表書き(宛名)と裏書き(差出人)の書き方を合わせることです。
表書きが縦なら裏書きも縦で、表書きが横なら裏書きも横で書きます。

自分の書きやすさなどもあるため、場合に応じて縦書き・横書きを使い分けるといいでしょう。
どちらがよいか悩んだ時は「縦書き」で書きましょう。

講座でも、封筒の宛名を縦書きで書いてもらいました。
皆さん、文字の大きさ・バランスを考え丁寧に書いていました。また、縦書きで封筒を書く場合、数字は漢数字を使う事もしっかりと出来ていました。

封筒やハガキを書く機会は少なくなってきましたが、書き方をマスターし、相手に不快感を与えない最低限のマナーを心得ておく事が大切です。
今回の講座を参考にしてみて下さい(*^^*)


リンクスでは定期的にビジネス講座やグループワークを開催しています。
興味のある方はお気軽にお問い合わせください!