メモの取り方【ビジネス講座】

メモのとり方

7/2(木)の4コマ目に「メモの取り方」についてビジネス講座を行いました!

メモを取ることの重要性や正しいメモの取り方を学ぶことが目的です。

社会人として、メモを取ることは仕事の一部です。
指示されて行うのではなく、内容を理解するために自主的に行うことが求められます。

前半はメモの取り方のポイントについてお話しし、後半は実践を行いました。

就労移行支援事業所リンクス柏のビジネス講座

メモを取る時のポイントは、
・1ページにつき1テーマとする
・タイトルと日付を入れる
・略語やカタカナを使う
・矢印などの記号や図表を使う
などが挙げられます。

またメモを取るだけでなく、その後に大切なのは『メモした内容を見返す』ということです。
そのため、その場で取ったメモはできるだけその日のうちに清書を行いましょう。

清書を行うことで、内容が整理され、不明点や聞き漏れがないかを確認できます。
働く際にはその場で取るメモと清書用(見返す用)メモの2冊を準備しておけると良いです。

実践では上司から指示を受けたという環境設定でメモを取る練習を行いました。
皆さんしっかりと集中して取り組んでいました(*^-^*)

メモの活用が上手にできれば、後で読み返したときに多くの情報を得られるだけでなく、それらの情報をうまく整理できます。
練習を重ねてメモを取るコツを掴んでいきましょう!

リンクスでは定期的に講座やグループワークを行っています。
興味のある方は体験で講座やグループワークの参加もできますので、お気軽にご連絡ください♪