ビジネスマナー【ビジネス講座】

就労移行支援リンクス柏にて教養講座【ビジネスマナー】を行いました。ビジネスマナーは社会人が働く上で必要とされるマナーです。今回の講座を通してビジネスマナーで注意すべきことや、重要性について考えてもらいました。

ビジネスマナー
<社会人として最低限のビジネスマナー>

▼あいさつをする
ビジネスにおいて、あいさつはすべての基本です。出社時と退社時にあいさつを交わすだけで、業務で日々お世話になっている上司や先輩のみならず、あまり接点がない人にも自分を印象づけることが可能です。大きな声で自分からあいさつすることを心がけましょう。

▼時間を守る
遅刻や納期を破るなど、時間を守れない人は一分一秒を争うビジネスの場では信用されず、たとえ仕事ができても評価が下がってしまいます。そのため、社会人として働くうえでは15分前行動が基本と考えましょう。

▼公私混同しない
ビジネスとプライベートは分ける必要があり、公私混同は厳禁です。具体的には次の行為は公私混同になるため行わないように注意しましょう。

・備品を私用に使ったり無断で持ち帰る
・会社のパソコンで個人的なメールを送信する
・飲み会の強要、休日の過ごし方等を干渉する
・個人情報を他の人に話す
・SNS等に仕事内容を書き込む


<オフィス内のビジネスマナー>

オフィス内では仕事中の態度にも気をつけましょう。オフィス内では積極的に仕事に取り組む姿勢を見せることが大切です。講座に参加した皆さんに「無意識に取ってしまいがちなNGな態度」を考えてもらいました。

自主的に発言する方や、意見を促すと発言してくれる方などさまざまでしたが、自身で考えた意見をしっかりと伝えることが出来ていました。

・大きな声で携帯電話で話す
・報告せず突然どこかへ行ってしまう
・上司に呼ばれてメモなど持たずに向かう
・靴のかかとを踏む、舌打ちをするなどの癖

ビジネスマナー

今回の講座に参加したみなさんからは「自分からあいさつするように心掛けたいと思います。」や「時間を守れるように日頃から気を付けたいと思いました。」「もっと自分から発言するようにした方がいいですね。」などの感想を聞くことができました。

ビジネスマナーを身につけることで不要なトラブルを避け、業務を円滑に進められます。
また、就職活動ではマナーや社会常識などが求められることも多く、それが身に付いていなければ印象は悪くなってしまいます。自然と使えるようになるまで、リンクスに通いながら身につけていきましょう。

リンクスでは定期的に講座、グループワークを行っております。興味のある方は体験で講座やグループワークへの参加もできますので、お気軽にご連絡ください。