名刺交換~Q&A形式~

金曜日の4コマ目は毎週恒例の講座の日!(^^)!

名刺交換

今回は、ビジネス講座「名刺交換」を行いました。
前回は名刺を受ける・渡すの実践形式で講座を行いましたが、今回は「このような場合、どうしたら適切か?」をテーマにし、Q&A形式で講座を行いました。


下記の順番で講座を行いました。

➀名刺を渡す側と受け取る側のポイントについて
➁交換方法
➂実践
➃Q&A~このような場合どうしたら適切か?~


<渡す側のポイント>
・自分の名前が相手の方に向くようにする
・名前、会社名(ロゴ)に指がかからないようにする
・両手で持つ
→同時交換の際は左手で相手の名刺を受取りながら右手で自分の名刺を差し出す

<受け取る側のポイント>
・名前、会社名(ロゴ)が指にかからないようにする
・両手で受け取る
→同時交換の際は左手で相手の名刺を受取りながら右手で自分の名刺を差し出す
・胸の高さより下に降ろさない
・一言添える
→「頂戴します。」「〇〇会社の〇〇様ですね、よろしくお願い致します。」など。

就労移行支援事業所リンクスの名刺交換講座

<交換方法>
・1対1の場合
→基本的に名刺交換は目下の人から目上の人に先に渡す。

・複数人の場合
→目上の人から順に名刺交換を行う。
→訪問する側が訪問される側に名刺を渡す。

・同時交換の場合
※実際、同時交換で行うことが多い。
→相手が目上の方の場合、相手の人が自分の名刺に手をかけたら左手をはずし、自分の名刺は右手で渡しながら、左手で持っている名刺入れの上で相手の名刺を受取る。
その後すぐに右手を添える。


上記のポイントに気を付けて、同時交換の方法で実践を行いました。
まず、スタッフが見本を見せました。
その後、参加者同士でペアを組んでもらい実践に取り組みました。

実践した感想を聞いてみると「緊張して頭が真っ白になりました。なので記憶が曖昧なのですが、恐らく出来たと思います…(笑)」と一生懸命に取り組まれていました。

また、講座を通してビジネスマナーの学習を行い、本番で完璧に出来るよう復習しましょう(^O^)/


次に、このような場合どう対応したら適切か?をテーマにし、Q&A形式で取り組みました。

<問題➀>
別の会議と重なってしまい、会議に途中参加することになった。
名刺は交換済みで、自分だけが出来ていない。
この時、自分の名刺はどのタイミングで渡したら良いか。
また、渡すときなんと伝えたら適切か。

<答え>
会議終了後、または休憩時間の際に交換する。
「申し遅れました」と一言伝える。


<問題➁>
余裕をもって名刺を何枚か準備していたけれど、名刺を切らしてしまった。(または名刺を忘れてきてしまった)
この時、相手側になんと説明したら良いか。
どう対応した方が適切か。


<答え>
なんでも正直が良いとは限らない。
名刺を忘れてしまったら「忘れました」と打ち明けるよりも「申し訳ございません。ただ今、名刺を切らしておりまして…」と言ってお詫びする。
また、オフィスに戻ったらお詫びの手紙と名刺をすぐに郵送するのがマナー。



今回の講座では、ビジネスマナーの奥深さが感じられたかと思います☆
リンクスでは、参加者が楽しく学べる講座・グループワークを毎週行っています!
ご見学の問い合わせ、随時お待ちしております♪(*^_^*)