面接のマナー【ビジネス講座】

火曜日の4コマ目に、ビジネス講座「面接のマナー」を行いました!

面接のマナー

これから就職活動に入る方、すでに就職活動を始めている方にも再確認してもらうためポイントをお伝えしました。


■訪問・受付でのマナー
原則として遅刻はNGです。余裕をもって出発し、約束の10分前には到着するようにしましょう。
携帯電話の電源はOFFにし、身だしなみをいま一度チェックします。
待合場所に着いたら携帯や本を読まず、姿勢を正して静かに待ちましょう。


■入退室時のマナー
入退室時、自分から明るいトーンではっきりと挨拶をしましょう。
その際、カバンは椅子の横(足元)に置きます。自立できる構造のカバンがおすすめです。


■お辞儀の仕方のマナー
入退室時は「失礼致します」と言い、敬礼で30度のお辞儀をします。
自己紹介時の「よろしくお願い致します」や面接終了時の「ありがとうございました」の際は、最敬礼で45度のお辞儀が最適です。
男性の場合は手を身体の脇に揃え、女性の場合は手を身体の前に揃えます。


■面接官が見るポイント
・立ち居振る舞い
・言葉遣い、話し方…結論から話すように心掛ける。
・姿勢
・コミュニケーションの取り方
・表情


■身だしなみのマナー
10月29日に”洋服の青山”の店長をお呼びし「スーツの着こなし方」講座を行い、身だしなみのマナーの再確認も行いました。
・スーツやコート、靴や靴下の色や種類
・髪型やメイク

就労移行支援事業所リンクス松戸のビジネス講座

一通り「面接のマナー」をお伝えした後、
●面接時は「面接官が面接室で待っている場合」と「面接官が後から入室する場合」と2パターンあること
●名刺を受け取る機会があること
を補足し、「あなたなら(採用担当者)どんな人を採用したいか」について個人ワークに取り組んでもらいました。


参加者の皆さんからは、「熱意がある人」「明るく素直な人」「礼儀正しい人」「目を見て話せる人」等、たくさんの意見が上がりました♪


また企業側は、「長く勤めてくれるか」「体調管理ができていて安定した生活を送れているか」「障害特性を理解していて自ら発信できるか」も気にしているポイントです。リンクスでは面接練習も行っていますので、面接官に好印象を与えられるようにしっかり練習してから面接に臨みましょう!


リンクスでは定期的にビジネス講座やグループワークを開催しています。
興味のある方はお気軽にお問い合わせください♪