敬語の使い方【ビジネス講座】

こんにちは!リンクス新越谷です♪

4/26(火)にビジネス講座『敬語の使い方』を行いました! 講座の目的
敬語の種類を知る
敬語の使い方を知る
正しい敬語を使えるようになる

「敬語」とは?

会話をする時に話し手聞き手、またその会話に出てくる人との社会的立場によって言葉を使い分けることです。敬語が必要な理由として、下記が挙げられます♪

  • 相手に敬意を示すことができる
  • 相手に好印象を持ってもらうことができる
  • 良い人間関係を築くことができる
  • 相手の立場や自身との関係を明確にできる
  • 公的な場や時間であることを示すことができる

「敬語」の種類と使用例

敬語には5つの種類があります!

  • 尊敬語:相手を高めることによって、相手への敬意を表す表現

  •     【例】「先生は来週海外に行くんでしたね。」
          ➡「先生は来週海外へいらっしゃるんでしたね。」

  • 謙譲語Ⅰ:自分側の行為の向かう先の相手を立てる言葉

  •     【例】「先生のところに行きたいのですが。」
          ➡「先生のところに伺いたいのですが。」

  • 謙譲語Ⅱ:自分側の行為などを相手に対して丁重に述べる言葉

  •     【例】「これから弊社事業所に行きます。」
          ➡「これから弊社事業所に参ります。」

  • 丁寧語:丁寧な気持ちの直接的表現

  •     【例】「弊社の部長の佐藤。」
          ➡「弊社の部長の佐藤でございます。」

  • 美化語:ものごとを美化して述べる言葉

  •     【例】「先生、をお注ぎしましょう。」
          ➡「先生、お酒をお注ぎしましょう。」

まとめ

敬語を使うことで、年齢や立場が異なる相手ともスムーズにコミュニケーションを取ることができます。
仕事やプライベートなど場面を問わず、相手に丁寧な印象を与えることも出来るので是非身につけていきましょう♪


リンクス新越谷では定期的な講座やグループワークを実施しています。
見学や体験の方の参加も大歓迎です!是非お気軽にお問い合わせください♪