メモの取り方【ビジネス講座】

7/31に「メモの取り方」についてビジネス講座を行いました。

就労移行支援事業所リンクス千葉のビジネス講座

メモを取る事はビジネスマナーの基本であり、仕事を覚える上でとても大切なことです。
大切だとわかっていても、メモを取る事を忘れてしまい、冷や汗をかいたことはないでしょうか。
メモを忘れないためには、なぜメモを取ることが大切なのか、具体的に理解を深める必要があります。

今回の講座では「メモを取る重要性」を知るために、メモを取る3つの理由について学びました!

1.忘れることを防ぐ
人の記憶は思った以上に曖昧です。
「覚えておけるだろう」「後でメモを取ろう」と思っていても思い出せない事があります。
メモを取らずに言われたことを忘れてしまうと、教えてくれる人に何度も同じ質問をすることになってしまうので、記憶をあてにするのはやめましょう。

2.聞く姿勢が相手に伝わる
メモを取る事は、話をしている相手に「聞く気がある」「やる気がある」という印象を与えます。 逆にメモを取らない事で、相手に「不安感」を与えてしまったり、「聞く気がない」という印象を与えてしまいます。
教えてくれる相手の気持ちを考えて行動することは、良い人間関係を築くためにとても大切なことです。

3.情報を整理できる
頭の中で考えている事を書き出し、書き出した内容を客観的に見ることで、情報の整理やアイデアをまとめることができます。 いろいろ考えすぎてしまい、頭がもやもやしている時には、メモを活用することがお勧めです。

参加者からは、「メモの重要性を改めて確認することができた」「メモを取る事で相手の印象が変わることがわかった」といった声が上がり、改めてメモを取る目的を再確認できた様子でした。

就労移行支援事業所リンクス千葉のビジネス講座

また、どんなにメモの重要性を知っていても、メモ帳がなければメモを取る事ができません。
いつ、どんな時でもメモが取れるようにメモ帳を身に付けておくことも忘れないようにしましょう。