電話応対【ビジネス講座】

木曜日の4コマ目に、ビジネス講座~電話応対~を行いました。

電話応対のコツ

今回の目的は
・電話応対のポイントを復習する
・電話を受けた時のメモの取り方を確認する
の上記2点で行いました。

就労移行支援事業所リンクス柏のビジネス講座

電話応対の講座は何度か行っているので、復習も兼ねて大切なポイントを穴埋め形式にした問題を解いてもらいました。
問題は…
◇電話が鳴ったら[3コール]以内に出る
◇保留/少々お待ち下さいは[30秒]まで
等々、10問出題しました。
残念ながら全問正解者はいませんでしたが、今回確認したことを電話応対に活かしてほしいと思います(^^)

電話応対のメモの取り方

次に、電話を受けた時のメモの取り方を確認しました。

電話を受けながらメモを取る場合には時間的な制約があります。
闇雲にメモを取るのではなく、抑えるべきキーワードをメモに取り、きちんと伝言を残す(伝える)必要があります。

メモを取る際に意識するべきこと
◆カタカナで書く
漢字は便利ですが、サッと書けるように適度にカタカナを挟んで書くことをおすすめします。
◆自分にわかる省略語を作っておく
カタカナ同様、略語を挟むことで素早くメモを取る事ができます。
例:折り返し電話 → 折TEL

電話を受ける事を想定し、簡略的にキーワードを書き、伝言メモを残す練習を行いました。
まだ慣れない様子はありましたが、確認すべきポイントをカタカナや平仮名、略語を活用すること事ができていました(^^)b


リンクスでは定期的に講座やグループワークを行っております!
興味のある方はお気軽にご連絡下さい♪