グループワーク【あいさつについて】

5月16日(木)にリンクス松戸でグループワークを行いました!
今回はグループディスカッションで、テーマは「あいさつについて」です。

グループディスカッションの風景

今回のグループディスカッションでの目的は、


この事例検討を通じて、

①相手がどのような心境にあるのか

②どのようにコミュニケーションを取るべきか
  or
 その状況でどのように行動すべきか

を学ぶことです。


就労移行支援事業所リンクス松戸の資料1

今回の事例検討は、

「リンクスでのあいさつ」

という事業所内でのテーマを取り上げました。


事業所内でのテーマについて話し合うことで、

「普段の自分の立ち居振る舞い」
「自分があいさつをしているかどうか」

について考える良い機会となりました。


就労移行支援事業所リンクス松戸の資料2

まずは個人ワークを行い、普段の自分があいさつしているかどうか、
どのように行動しているかを見つめ直してもらいます。


参加者からは、

「あらためて自分の行動を考えると、あいさつをちゃんとしていないかも・・・。」

「あいさつをするべきなのは分かっているけど、相手から返事がなかったら・・・と考えて、あいさつしていないですね。」

という意見がありました。


確かに、
(あいさつが返って来なかったらどうしよう・・・。)

(返事されなかったらつらいから、自分からあいさつをしないでおこう・・・。)

と思ってしまう気持ちは理解できます。


就労移行支援事業所リンクス松戸の資料3

あなたが、もし、

「(自分はあいさつをしたのに、相手はなぜあいさつを返さないんだ!!
 あいさつを返さないのはおかしいだろ!!)」

と思っていれば、
それは「課題の分離」ができておらず、
「相手の行動を支配したい」という潜在意識があることに気づくべきです。


大切なのは

「課題を分離して、自らあいさつすること」です。


自分から元気にあいさつするかどうかは、
「自分の課題」です。

自分から相手に「あいさつは大切ですよ」と伝えるのも
「自分の課題」です。

しかし、相手が自分にあいさつをするかどうかは、
「相手の課題」なのです。


もし、あなたが
「(自分はあいさつをしたのに、相手はなぜあいさつを返さないんだ!!
 あいさつを返さないのはおかしいだろ!!)」
と思っていれば、

それは、言い換えれば、

「相手の行動を支配したい」と同義なのです。



「課題の分離」を考えることができれば、
対人関係で良好な関係を築くことができ、
コミュニケーションが上手くなっていきます。



リンクスでは定期的に講座、グループワークを行っております。
興味のある方は体験で講座やグループワークへの参加も出来ますので、お気軽にご連絡下さい。