おすすめの本の紹介【グループディスカッション】

リンクス松戸では、定期的に「ビジネス講座」や「グループディスカッション」を行っています。

オススメの本

今回は「おすすめの本の紹介」というテーマでディスカッションを行いました(^^)♪

ディスカッションの目的と流れは次の通りです。

【目的】
①コミュニケーション能力を高める
②様々な作品を知り、視野を広げる

【ディスカッションの流れ】
①個人ワーク(おすすめの本とその紹介文を考える)
②2人1組になり、おすすめの本を互いに紹介する
③(②の)相手が紹介してくれた本について、グループ全体に向けて発表する
④参加者が紹介した本の中から
・「読みたい!」と思った本
・その理由
をグループ全体に向けて発表する

就労移行支援事業所リンクス松戸のグループワーク

このディスカッションを行う上で大切なことは、
本の内容を具体的に話すことです。
題名や作者だけを伝えても、聞き手にその本の魅力は伝わりません。

・どのような登場人物が、いつ、どこで、何をするのか
・印象に残っているシーンはどこか
・読み終わってから何を感じたか
・おすすめする理由は何か

このように、本の内容を具体的に話すと
聞き手にその魅力が伝わりやすくなります♪



次に、今回のディスカッションで出たおすすめの本の一例を紹介します(^^)

★J.K.ローリング・松岡佑子(訳)(1999)『ハリー・ポッターと賢者の石』静山社.
→印象に残っているシーン:作中に出てくる「クィディッチ」というスポーツの試合が盛り上がっていて印象的だった。

★金子みすゞ(1984) 『わたしと小鳥とすずと(金子みすゞ童謡集)』JULA出版局.
→おすすめする理由:童謡集なので読みやすく、心に残る詩にたくさん出会えるから。


この他にも、素敵な本をたくさん紹介していただきました♪



ディスカッション終了後、参加者からは
「具体的な言葉で表現しなければならないところが難しかった。」
「普段は読まないジャンルの本について知ることができ、読んでみようと思った!」
等の意見がでました(^o^)

このディスカッションで得た知識を、今後に活かしていきましょう(*^^*)


リンクスでは定期的に講座、グループワークを行っております。
興味のある方は体験で講座やグループワークへの参加も出来ますので、お気軽にご連絡下さい。