オフィスカジュアルについて【ビジネス講座】

金曜日の4コマ目は、ビジネス講座です!(^^)!

オフィスカジュアルの例

会社や業界によって定義があいまいな「オフィスカジュアル」
近年、ビジネスの場ではいわゆる「スーツにネクタイ」というスタイルは減少傾向にあります。特に夏場は政府によるクールビズの推進もあり、決まったスタイルがない企業も多いのが実状です。
実際、どんな服装で通勤すればいいの?という疑問や不安を払拭するため講座を行いました♪


▼オフィスカジュアルとは?
オフィスカジュアルとは、来客を迎えても失礼にあたらないくらいの、適度にカジュアルでありながらきちんとした身だしなみができているというレベルを指します。
一方でビジネスカジュアルとは、カジュアルでありながら他社を訪問できるくらいの服装をいいます。


▼オフィスカジュアル3原則
①清潔感を出すこと
②だらしない印象を与えないこと
③会社の規定に従うこと


▼オフィスでNGとされるもの
①肌の露出が多すぎる服装
②過度にカジュアルすぎる服装
③奇抜すぎる服装
④清潔感のない服装
⑤ピンヒール・サンダル・スニーカー
⑥派手すぎるメイクやヘアスタイル・小物

就労移行支援事業所リンクス松戸のビジネス講座

上記をお伝えした後、服装の画像を見ていただきフォーマル〜カジュアルのどの辺りに当てはまるか、参加者の皆さんに取り組んでもらいました。
皆さんからは「この場合はどうでしょうか」と、積極的に意見が出ていました!


振り返りでは、「自分の服装を考えるのは難しいけれど、今回の様に画像で見せてもらうと、気をつけるポイントが良く分かりました」「通勤も含めて考えないといけないですね」と気付きもあったようです♪
それぞれの職場の雰囲気に合わせて、ふさわしい身だしなみを心掛けましょう。
身だしなみとしてのおしゃれに、自分なりの工夫を加えながら楽しんでみるといいですね♪


リンクスでは定期的に講座やグループワークを行っています。
興味のある方は体験で講座やグループワークの参加もできますので、お気軽にご連絡ください。