ビジネスメールマナーについて(実践編)【ビジネス講座】

先日のビジネスメールマナーについての講座に引き続き、本日は実践編を行いました!(^^)!

就労移行支援事業所リンクス松戸のビジネス講座

はじめに、先日行った『ビジネスメールマナー講座』の振り返りを行いました。

▼メール文面5つの要素は以下のとおりです。
①宛先
②件名
③宛名
④本文(挨拶・名乗り、用件、結び)
⑤署名


働いた際にビジネスメールを作成する機会がありますが、 参加された皆さんが想定しやすいように、本日は就職活動時に取り組むメールの作成練習をしました。

就職活動の主な方法は、
①ハローワークから応募
②就職情報サイトから応募
③企業の採用ホームページから応募
④合同企業説明会に参加して応募
とあり、本日は流れが掴みやすい③企業の採用ホームページから応募を行いました。


▼企業に直接応募する流れ
あなた:応募(問い合わせ)メール作成

企業:面接日程提案の返信

あなた:日程再調整のお願いメール作成(都合が悪いと想定)

企業:日程再調整した返信

あなた:お礼メール作成

面接

あなた:面接後のお礼メール作成

<内定が出た場合>
あなた:内定承諾のメール作成or内定保留のメール作成or選考・面接辞退のメール作成

<連絡が無い場合>
あなた:面接結果を問い合わせるメール作成

※応募書類データをメールに添付する場合、メール作成があります。

ビジネスメールの作り方

上記のとおり就職活動時のメール作成は、1社に応募するだけでやり取りの回数が多いと感じるかもしれません。

実際にメール作成課題に取り組み、不明点は資料やインターネットで検索したり、支援員に聞いたりと難航されている方もいましたが「今後必ず取り組むことになるので勉強になって良かったです!」と参加者の皆さんから感想がありました。


メールはそれぞれの要素をミス無く、見やすいレイアウトを心掛けてまとめれば読みやすい文面を作ることができます。宛先の企業名を省略したり担当者名を間違えたりしないよう、送信前に再確認を行いましょう!


リンクスでは定期的に講座やグループワークを行っています。
興味のある方は体験で講座やグループワークの参加もできますので、お気軽にご連絡ください♪